2008y03m31d_225440531.jpg

発芽玄米のダイエットの効果

ダイエットで最大の難関はダイエットすることを続けることです。例えば、毎日運動するとか決まった時間にエクササイズするとかダイエット食品を食事に取り入れるとかがそうです。これらのダイエット効果は続ける事ができたら期待できると思います。しかし、現実はなかなかうまくいきません。今回はダイエットで無理なく続ける考え方について見てみましょう。

■発芽玄米と玄米の違い
玄米ダイエットをしたくても、玄米が苦手だからという人は、発芽玄米を使ってみることも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。発芽玄米は美肌効果もあり、カロリーが白米よりも低く、ダイエットには最適な健康食品なのです。

■発芽玄米と玄米の違い
発芽玄米とは、玄米が0.5〜1mmくらい発芽したもので、その少しだけ発芽した分だけ玄米よりも栄養素がぐっと増えているというものです。玄米以上の栄養がある上に、食感が玄米よりもやわらかく、ダイエットだけでなく体のためにもいいと注目されています。白米を炊くときに一緒に入れる発芽玄米は、白米をといだあとで軽くすすいで混ぜるだけにするところが、少し注意するところです。発芽玄米をといでしまうと、栄養素がたっぷりついた米ぬか部分を取ってしまうことになり、意味がないのです。

■発芽玄米の優れた成分
玄米の中にある栄養素にギャバという成分があります。このギャバと呼ばれる成分には、神経の高揚を抑制する働きがあります。玄米は発芽することにより、そのギャバの含有量を大幅に増やします。気分のいらつきを抑え、不眠症にも効果を発揮します。

■ギャバの優れた効果
ギャバの効果には、血液サラサラ効果、血圧の上昇の抑制効果などがあります。さらに、腎臓・肝臓の働きを活発にしてくれる効果もあります。メタボリックや生活習慣病が気になる方にもオススメな効果として、コレステロール・中性脂肪の増加抑制効果などもあります。

ギャバには成長ホルモンの分泌を促す力もあり、それによって細胞の新陳代謝がよくなり美肌にもつながるのです。こんな美肌効果もある発芽玄米は、カロリーが白米よりも低く、ダイエットには最適なのです。
この記事へのコメント
体重をグラフに描くだけで私は74Kgから65Kgまで減量できました。胴回りも91cmから81cmになりました。ところが、その間、ガマンなし、努力なし、現在もリバウンドなし。夢のようなやりかたです・・・ダイエットにはこのような表現のPRが多いですが、下記のやり方は実証済みです。

グラフ・ダイエットといいます。でもコツがあります。そのコツを知らないと、途中で止めてしまうことが多いようです。コツをまとめたテキストを出しました。ぜひご利用ください。
 http://ipbase.cool.ne.jp/graphdiet/index.htm
mug
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

2008y03m31d_225542734.jpg



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。