2008y03m31d_225440531.jpg

ダイエットと脂肪

前回まではダイエットと食生活についての重要性などに少し触れてきましたが今回は脂肪について少し語っていきたいとおもいます。

脂肪の種類によってはダイエットで簡単に落としやすい脂肪となかなか落としにくい脂肪があります。脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚よりずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。これらの脂肪にはいろいろな役割があります。

体脂肪はそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄などの役割があります。これは人が本来昔から持っている体の機能的メカニズムに起因するものです。文明が発達しても人の身体の機能はそんなに進化していなんですね。

原始の時代は毎日きちんと食事にありつけない事もしばしばです。そんな獲物が捕れない・穀物の収穫が良くない時の為の非常エネルギーなのです。現代では、脂肪を過度にため込むのは万病のもとといわれています。さらには、脂肪を落とす必要がある人も多くなってきています。

さて、落としやすいのはどちらの脂肪でしょうか?…それは内臓脂肪のほうです。 内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。

内臓脂肪は有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりもはやく減っていきます。あせらずじっくりダイエットに取り組んでいけば簡単に落としていけるでしょう。
2008y04m05d_212836359.jpg  
内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪です。あなたのまわりにもいると思います。全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人が内臓脂肪がついた人です。つまり内臓脂肪はお腹周辺につきます。

「内臓脂肪が付いている」可能性があるかどうかは、おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみればわかります。お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。皮下脂肪は部分、部分にたまった脂肪なのでそこをターゲットに絞って脂肪燃焼を図る必要があります。食生活の見直しはもちろんですが、気になる部分のマッサージやストレッチなど血流を意識しながら日頃その部分を動かすことを心がけて見ることが基本です。

無理はせず、毎日習慣でできるような自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを成功させられるようにしたいですね。
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました。 
なんだか、とっても勉強になるサイトですね
これからじっくり読ませていただきます
参考にさせてください
よろしくお願いいたします

私は、会社の上司が
口癖のように
デブ デブ 
太るな を 連呼する人物で
今の会社に入ってから
すごーく気になり
ずっとダイエットで、
でもうまく痩せなくて・・・

気持ちてきにもつらくなったりしています

伏見林檎
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/92363587

2008y03m31d_225542734.jpg



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。