2008y03m31d_225440531.jpg

気をつけましょう。摂食障害とは

今回はダイエットに励むすべての人に可能性のあるちょっと怖いお話です。摂食障害について触れていきたいと思います。

■摂食障害とは
極端な食事制限により拒食症といった症状に発展してしまうケースや自分自身のコントロールが効かず過度な量の食事の摂取などをしてしまうケースの事を総称して摂食障害と呼びます。
摂食障害の根本はいくつかあります。

・人間関係の問題による心理的なストレス
・さまざまな問題に対する適応力の問題
・コミュニケーションの不全
などがあげられます。

摂食障害は単にダイエットの問題というくくりでは収まりきらないストレス社会が生み出した病気といえるかもしれません。摂食障害は特に若い人に多い傾向があることがわかっています。

■危険な過度の食欲コントロール
ダイエットをする最大の理由の一つに理想の自分に近づきたいという願望があります。ダイエットに励む人のすべてが健康的にダイエットできる人ばかりではないのです。

自分のコンプレックスに押しつぶされてしまう人も少なからずいるのです。他人の何気ない一言や自分の理想像に程遠い現在の自分に対してのストレスをうまく発散できないときに食欲コントロールの制御が不能になることがあるのです。

例えば、ダイエットが順調にいかずその結果、極端な食事制限を断行してしまう人や好きな人のために今の自分ではダメだと自分を追い詰めたりする場合などが摂食障害に陥りやすいのです。

■摂食障害の克服には
摂食障害の克服には時間がかかります。自分の悩みや満たされないものを見つけ出し理解することが始まりです。摂食障害は一種の依存症といわれています。ストレスを発散できる心から熱中できる趣味や生活環境の改善を自分なりに進めることが摂食障害の克服には有効です。

■ダイエットの目的
ダイエットの基本は気長に気楽に楽しくのんびりと、が基本です。三日坊主はダメですが自分自身を追い込み過ぎないようにしましょうね。

参考になる無料情報です。
【タマ式】163センチ80キロデブからの生還拒食・過食の摂食障害者だった私でも出来たダイエットの「食欲」を制する簡単な方法<簡易版>
拒食・過食をずっと繰り返してきた摂食障害の私は人より、食欲の度合いが異常に高いのでした。抑えられない食欲には毎日、悩まされてきたのでした。そんな私でしたが・・・、今では摂食障害(拒食、過食症)を克服して、食欲もコントロールできるようになりました。そんな方法をまとめました。

2008y03m31d_225542734.jpg



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。